いよいよ中学入試が始まった。

日々、あと何日だっ!! と言い続けてきたが、いざその日を迎えると驚くほど心が落ち着いている。昨日までの方が気負っていた。

毎年のことだが不思議な感覚だ。

学校に着くといろんな塾の先生が応援に来ているだろう。が、私達は行かない。行けないのではなく、行かないのだ。

そして、それは理由を踏まえて子供達には伝えてある。だから、その風景を見てうらやましいとか寂しいとかは思わないはずだ。

試験はもうすでに開始されている。さっきからずっと念を送り続けている。もう少ししたら控え室に貼りだされた入試問題が、それを写した保護者の方から送られてくる。

私達はすでに次を見ている。

そして、一方でまた中3の入試対策が大詰めを迎える。朝から公立高校逆転合格を目指してお兄さんお姉さんたちが真剣な顔つきで問題に取り組んでいる。また、来年の入試に向けて小5の子らもK奈子さんの授業を朝からバリバリ受けている。そして、中1・2は学年末テスト対策だ。

それぞれの中学で入試に挑む子たち。

2週間後の高校入試に向けて戦う子たち。

1年後に向けて始動し始めた子たち。

私達夫婦の周りの風景はとてつもなく澄んでいて熱く、そして美しい。

実に素晴らしい日々だ。