この仕事をしていると、私立高校の入試に関しては感度が鈍くなる。

もちろん最難関高校を受ける場合は事情はまったく異なるが、公立高校受験を軸に併願私立および一般受験での場合は確約制度があるので受験前には合格が確定しているからだ。

それでもやはり合格は格別なもの。

とくに初めての受験生として入試を迎えるご家庭にとってはその喜びもまたひとしおだろう。

満面の笑みで合格を報告してくれる姿をみると、この仕事をやっていて本当によかったなと思う。

そして、その喜びは受験生一人ひとり、ご家庭1つ1つにとってかけがえのないものなのだ。初心を忘れてはいけないなと教えられる。

合格、おめでとう。

残すは公立入試。