明日、いよいよ公立高校入試だ。

いつも通りの風景で始まりいつも通りで終わるはずが、いつもよりちょっと早い。

いつもは終わりの時間ギリギリまでねばる子も今日は明日のために少し早く帰る。

そうしろ、と言ったわけではない。早く寝て体調を整えるため、すべては自己判断だ。

玄関で見送りをし、かたく握手を交わす。ウイルス予防うんぬんなんぞクソくらえだ。

その右手にすべての想いをこめ、あとは「頑張れ」のただ一言。

出し切ってくれば必ず届くはずだ。早く寝て明日に備えよ。

明日の18時、待っている。