弊塾には独自の「特待生制度」がある。

学年順位や内申基準で区切るのではなく、育伸社全国学力テストを特待生選抜テストとして採用し、弊塾基準の偏差値を超えれば特待生として認定する制度だ。

しかも、2ヶ月に一度ある。一度だめでもすぐにチャンスが巡ってくるし、逆をいえば一度認定されてもあぐらをかいている暇はない。次のテストで基準を下回れば認定されないからだ。

もともと成績のいい子を集めるのではなく、誰にでも、いつでもチャンスがあるのが最大の特徴だ。

特待生を集めるのではなく、特待生を育てる。よって、テスト前にはそのテストに付随する実力強化対策問題集を解説し、前回テスト終了とともに徹底的な見直しをともにする。週1の集団解説授業でポイントを提示し、週1の完全個別授業でその子に合ったピンポイントの学習計画を立案し、週3の自学養成タイムで実力を固めていく。テストやるぞー、ではなくどうすれば得点力が上がるかを一人ひとりと密接に構築していく。

新制度として4月からの新年度から採用予定だったが、現中1・2限定で前倒しで実施していた。選抜テストは今回で2度目だ。

それが、さっそく出た!

実に素晴らしい。実に嬉しい。

何が嬉しいって、前回のテストから5科計の偏差値を10ポイントも上げたからだ。たった2ヶ月で驚異的な伸びを見せた。

他にも7ポイント上昇した子もいる。

実証してみせたのだ。特待生が育った。

がしかし、これはまだ序章に過ぎない。

今後もさらなる飛躍を期待したい。まだまだこれからだ。