「県相合格コース」では年6回、奇数月に「特待生選抜テスト」を実施している。

弊塾規定の偏差値をクリアすれば、2ヶ月間の授業料が全額免除になる。学年順位や成績で特待生を募るのではなく、最初はまだまだでも我が塾で鍛えることで全国水準でも一定以上の学力とそこを目指す意識を持つことが目的だ。そして、それは結果にも現れている。過去2回の選抜テストはともに特待生として認定された塾生が出ている。偏差値はグンと伸びている。この写真のように、全国レベルで上位数%に位置する子が我が塾には多い。みながいい意味で競い合っている。

「特待生を集めるのではなく、特待生を育てる」

誰でも、いつでも、チャレンジできる。

そして一度特待生認定されたからといって、次の保証はない。だからこそ、また次も頑張る。

塾生達の頑張りを見ていると、全員に特待生になってほしいと思う。経営的にはヤバいかもしれないが、その時はその時だ。きっとなんとかなるw

次回、実施は9月。みんな、頑張れ。